医療用ホームページのガイドラインへの対応について

よくある質問

「FAGA治療」に関するご質問一覧

FAGA治療

女性の薄毛治療にはどんな種類の治療方法がありますか?

薄毛の治療には以下の治療法があります。
・内服薬、外用薬
・メソセラピー(育毛・発毛成分を直接毛根に注入する療法)
・医療用ロボット(ARTAS)による自毛植毛

全国の薄毛専門クリニックでは、内服薬や外用薬などの治療しか行っていないところもあります。
当院では、医学的根拠に基づいた上記の最新の治療法を取り扱っておりますので、さまざまな症状の患者さまに対応しています。

また、全国的にも女性専門の薄毛治療を行っている医療機関は、まだまだ少ない状況です。
女性の薄毛には、女性ならではの原因が関与するので、男性の薄毛とはアプローチの方法が異なります。当院では、女性専門の薄毛治療を行っていますので、治療を希望される際には、ぜひご検討ください。

女性に多い薄毛の原因は何?

女性の薄毛の原因には、加齢、ホルモンバランスの乱れ、栄養不足ストレスなどいくつかの原因があり、これらの原因が組み合わさることで脱毛症を発症することもあります。
特に最近では、ストレスの多い社会となっており、ホルモンバランスの乱れによる薄毛が多くなっています。
バランスの良い食事や適度な運動などで、規則正しい生活習慣を行うことは、ホルモンバランスを整える効果があるので、薄毛の対策としても重要です。

お酒やたばこはやめたほうがいいですか?

やめて頂く必要はございません。
ですが、できる限り控えて頂いた方が治療効果が得やすくなります。
飲酒やたばこは薄毛の原因として挙げられます。
まず飲酒は、アルコールに含まれる糖質が脂肪となり、皮脂の分泌が多くなってしまうと頭皮環境が悪化し、薄毛の原因となります。また、喫煙することにより血流が悪化し、頭皮に栄養分を送りにくくなるため、薄毛の原因となります。
これらのことを踏まえますと、少しずつお控え頂くことが理想的でございます。

薬の服用時に気を付けることはありますか?

用量や服用方法にご注意頂く必要がございます。
例えば、薬を分割・粉砕されますと効果が得にくくなってしまう可能性がございます。
また、効果的に服用するために、できる限り24時間のサイクルで服用されることをおすすめ致します。
服用中に何か違和感がございましたら、服用を一旦中止し、医師にご相談ください。

若くても植毛する必要がありますか?

必要とは限りません。
植毛手術はAGA治療の最終手段でございます。AGA治療は植毛以外にも内服薬や外用薬もあり、お若い方やAGAの進行度が軽度の方ですと内服薬でお悩みが改善される可能性がございます。
まずは現在のAGA進行度やお悩みの原因を診察するためにもクリニックにご相談されてみるのもAGA治療の第一歩です。

カツラをしていても診察はしていただけますか?

カツラを着用されたままの診察は難しいかと存じます。
診察時や治療時には外して頂くことにはなりますが、ご来院時やご退院時には着用して頂いて問題ございません。ちなみに患者様が着用されているカツラはご自身で取り外し可能でしょうか?不可能な場合ですと、事前に外してからご来院頂きますようお願い致します。

女性の薄毛も遺伝は関係あるのでしょうか?

脱毛症にはいくつかの種類があり、遺伝との関係性を指摘されている脱毛症があります。
最近増えている女性男性型脱毛(FAGA)は、女性ホルモンのバランスが崩れることによって、男性ホルモンが優位になり起こる脱毛症です。
男性型脱毛(AGA)では、男性ホルモンが毛根に作用し、細胞分裂を抑制したり、ヘアサイクルが乱れることで起こる脱毛症ですが、毛根の細胞に男性ホルモンの受容体がある方は、AGAになりやすいと言えます。
毛根の細胞に受容体があるか否かは、遺伝の影響を受けていますので、女性でも毛根に男性ホルモンの受容体がある方は、何かしらの理由で男性ホルモンが優位になった時に、FAGAを発症しやすいと考えられます。

また、症例は少ないですが、皮脂の分泌が増加することで常在菌が異常増殖し、毛根に炎症が起きる脂漏性脱毛症では、脂漏性皮膚炎などのアレルギー疾患との関連が指摘されています。
アレルギー体質は遺伝することもあるので、脂漏性脱毛症も遺伝が関わっていると言えます。

ただ、これらの脱毛症は、次世代へ100%遺伝するというわけではなく、体質の遺伝に生活習慣などが加わることで、起こるものです。
薄毛の対策には、生活習慣を整えることも大切になります。

生活習慣が乱れているのですが薄毛に関係ありますか?また治療を阻害しますか?

生活習慣の改善により、「抜け毛」の進行は弱まりますので、改善に努めて下さい。
治療を阻害するとまでは言いませんが、治療スピードに影響はしますので、当院でも適切で無理のないアドバイスをさせて頂きます

TOMクリニックで治療を考えていますが、絶対に生えますか?

医療ですので、「絶対に生える」という表現は出来ません。
しかし、かなりの高確率で発毛を実感して頂けているのも事実です。万一生えてこない場合は、返金保証制度を導入していますので、ご活用下さい。

植毛と発毛はどちらが良いですか?

どちらも自分の髪を生やしますしどちらの治療法も特徴があるので、どちらかが良いというのは難しいですが、費用や治療期間、治療法を聞いて頂いてから患者様に判断して頂いています。

内服薬は何を使っていますか?

正規品のプロペシアとミノキシジルです。
偽物が多く出回っていますが、TOMでは製薬会社より正規品を購入していますので、ご安心下さい。

通院はどれぐらいの頻度で来ないといけませんか?

個人差はありますが、月に1~2回の通院で治療出来ます。
詳しくは担当ドクターにお尋ね下さい。

若くても植毛する必要がありますか?

必要とは限りません。
植毛手術はAGA治療の最終手段でございます。AGA治療は植毛以外にも内服薬や外用薬もあり、お若い方やAGAの進行度が軽度の方ですと内服薬でお悩みが改善される可能性がございます。
まずは現在のAGA進行度やお悩みの原因を診察するためにもクリニックにご相談されてみるのもAGA治療の第一歩です。

治療費はどれくらいかかりますか?

脱毛症の治療は審美目的となるため、健康保険の適用外となり、治療に関わる費用は、全て自己負担となります。当院では、各治療に関して明確な料金体系を取っており、基本料金など表示されていない料金を追加で請求することは一切ありません。

治療費の支払いに関しては、クレジットカードの利用が可能です。また、当院ではメディカルクレジットを扱う信販会社とも提携しており、ご希望の方には、ご案内させて頂きます。

現金とカードの併用はできますか?

可能でございます。
無理なく治療をスタートして頂くために、お支払方法に関しましては無料カウンセリングをご活用頂き、ご検討頂ければと存じます。

支払いはいつすればいいですか?

治療や処方を受ける際にお支払頂いております。
当日施術や処方をご希望でしたら診察後にお支払いください。
後日に治療をご希望でしたら受付またはお電話にてご予約をお取りください。

クレジットカードは使えますか?

お使い頂けます。
下記のクレジットカードがご利用頂きます。

何円持参すればいいですか?

現段階では分かりかねます。
「治療費に大体何円くらい持って行けばいいの?」というお問い合わせがよくございます。
性別や年齢を始め、患者様によって治療内容やAGAの進行度が異なりますので、平均の治療費というものを出すことが困難かと存じます。
ですので、治療費に関してお悩みのことがございましたら、まずは無料カウンセリングをご活用ください。

周囲に薄毛治療を行っていることを知られたくないのですが、大丈夫ですか?

はい。当クリニックは患者様が安心して治療に専念できるように、プライバシー保護のための配慮を徹底して行っております。患者様の個人情報が漏れる、治療をしていることが周囲に気づかれることはありません。

初診(BUSH)の予約を取りたいのですが、どこから予約すれば良いですか?

http://www.tom-clinic.com/reserve/を読んでからお申込み下さい。

問合せをしたいのですが、どこから問い合わせをすれば良いですか?

http://www.tom-clinic.com/contact/よりお問合せ下さい。

よくある質問TOPへ戻る

カテゴリー検索

キーワード検索

貴女の髪のお悩み、
まずは無料カウンセリングから

お電話でのご予約・お問い合わせは

池袋院
0120-667-366
新橋院
0120-033-039

開院時間 10:00~20:00

メールでのご予約・お問い合わせは