医療用ホームページのガイドラインへの対応について

脂漏(しろう)性脱毛症とは

脂漏性脱毛症は、皮脂が分泌過剰となり、そこに常在菌が増殖することで、頭皮に炎症が起こる脱毛症の一種です。脂漏性脱毛症について紹介していきます。

脂漏性脱毛症の症状

脂漏性脱毛症は髪が抜ける他に、頭皮の皮膚症状があります。脂漏性脱毛症の皮膚症状には以下のものが挙げられます。

  • 頭皮がベタベタしている。
  • シャンプーをしているのにフケが異常に多い。
  • 毛穴や頭皮が赤くなっている。
  • 頭皮に強いかゆみがある。

脱毛と合わせて上記の症状が当てはまる方は、脂漏性脱毛症の可能性があります。単にフケが多いと思って放置していると、脱毛症が進行することがあるので注意が必要です。特に、皮脂やフケが毛穴に詰まって起こる脱毛症を粃糠(ひこう)性脱毛症と呼びます。(別項にて紹介します。)

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症は、脂漏性皮膚炎が頭皮にまで及んで起こる脱毛症です。脂漏性脱毛症は、何らかの原因で皮脂が過剰に分泌されると、カビの一種である真菌が異常増殖します。真菌が皮脂を分解することで、刺激物質が生じ、毛穴や毛穴周辺の皮膚に炎症が起きることで生じる脱毛症です。

皮脂と聞くと、何だか悪者のような扱いをされがちですが、皮脂は頭皮や髪を保護する役割もあります。一般的に、女性は男性と比較して、皮脂の分泌も少ないため、脂漏性脱毛症になるのは稀であります。

皮脂が増える原因は

脂漏性脱毛症の引き金となる脂漏性皮膚炎の原因については、皮脂分泌の機能の異常や、生活習慣が原因ではないかと言われています。ここでは、生活習慣を中心に皮脂が増える原因について挙げていきます。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンのバランスが乱れると、男性ホルモンが優位になることで、皮脂の分泌が多くなります。強いストレスや疲労はホルモンバランスを乱す原因となります。

バランスの悪い食生活

脂っこい食べ物や甘い食べ物を食べ過ぎると、皮脂の分泌が多くなります。

シャンプーのしすぎ

頭のべたつきが気になるからと言って、シャンプーを一日に何度も行うのは、頭皮の皮脂を増やす原因になります。頭皮を始めとする皮脂は、肌の乾燥が進むと、肌を保護するために皮脂をより多く分泌される仕組みとなっています。

脂漏性脱毛症の対策や治療

脂漏性脱毛症の治療としては、原因となる真菌に対する抗真菌薬と、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬が使用されます。また、炎症がかなり強い場合にはステロイド剤が使用される場合もあります。ここでは、個人で行える対策方法について挙げていきます。

バランスの良い食事

皮脂の過剰分泌を避けるためには、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。特に、ビタミンB群には、皮脂の分泌を抑える働きがあります。ビタミンB群を多く含む食品には、魚、卵、ホウレンソウ、豆類などがあるので、日頃から意識して食べるようにしましょう。

刺激物を避ける

香辛料などの刺激の強い食べ物は、皮脂分泌を多くするとされています。刺激のある食べ物はほどほどに摂取するようにしましょう。

規則正しい生活習慣

規則正しい生活習慣は、ストレスの対策として効果があります。ストレスをためないためにも、普段から睡眠をしっかり取り、適度に運動を行うようにしましょう。

頭皮と髪の清潔を保つ

脂漏性脱毛症では、フケが多くなるので、シャンプーなどで、頭皮や髪の清潔を保つようにしましょう。ただ、一日に頭を何回も洗うのは、頭皮の乾燥を招くことで、皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあるので注意してください。

さいごに

脂漏性脱毛症は、原因となる脂漏性皮膚炎の治療も必要となります、当クリニックは医療機関であるため、脂漏性脱毛症の治療が行えるので、気になる症状のある方は、ぜひお越しください。

貴女の髪のお悩み、
まずは無料カウンセリングから

お電話でのご予約・お問い合わせは

新橋院
0120-033-039
池袋院
0120-667-366

開院時間 10:00~20:00

メールでのご予約・お問い合わせは