医療用ホームページのガイドラインへの対応について

薄毛治療の基礎知識

このページでは、薄毛治療をするにあたって、身に付けておいた方が良い知識について紹介させて頂いております。

男性の脱毛治療との違い

そもそも男性の薄毛とは?

・男性薄毛の原因の9割がAGA

日本人男性の3人に1人は男性型脱毛症(AGA)、または薄毛の症状で悩みを抱えています。
男性薄毛の原因のほとんどがAGAだと言われています。

・AGAの主な原因は男性ホルモンの影響

AGAの主な原因の一つとして、男性ホルモン「テストステロン」が影響していると言われています。このテストステロンは、還元酵素である5αリダクターゼによって悪玉脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)という成分に変換され、毛乳頭細胞にある受容体と結合することで、髪の毛の成長を抑制し、細く抜けやすい状態となってしまうのです。

還元酵素の5αリダクターゼの量が多ければ多い人ほどテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されやすいため、AGAになりやすいといった傾向があります。

・AGA治療は還元酵素5αリダクターゼの生成を抑制することが重要です

ジヒドロテストステロンが薄毛の原因となるので、ジヒドロテストステロンを生成しないようにすることで薄毛の進行を食い止める事が出来ます。
ジヒドロテストステロンを作り出すのが5αリダクターゼですので、5αリダクターゼの働きを阻害すると、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する事が出来ます。
このジヒドロテストステロンの生成を抑制するのに効果的なお薬が、当院でも処方しております「プロペシア」になるのです。

女性薄毛と、どう違うのでしょう?

・女性薄毛の症状・原因は人によって様々です

薄毛に悩む日本人男性の薄毛の原因のほとんどがAGAであるのに対し、女性の薄毛の症状や原因は人によって変わってきます。
そのため、男性の薄毛治療と同じことをしたからといって、症状が改善されるとは限らないと言うことが女性薄毛の難しいポイントです。
女性は男性よりも皮脂の分泌も多くないので、男性向けの頭皮ケアを行う事で、かえってトラブルを引き起こしたり、薄毛の症状が悪化することもあります。

・男性薄毛治療との徹底的な差は、内服薬にあります

AGA治療において、「プロペシア」を内服することでジヒドロテストステロンの生成を抑制し、薄毛の進行を食い止めるということが主流ですが、女性はこの「プロペシア」を服用する事が出来ません。
なぜなら、プロペシアの有効成分であるフィナステリドが体内に吸収されると、妊娠中の女性の、おなかの中の子が男の子だった場合、生殖器官に発達異常をひきおこす恐れがあるとされていますので、触れることさえ禁止されています。
そのため、TOMクリニックでも女性にフィナステリドの処方は行っておりません。

・現在の女性薄毛治療とは

原因も様々な女性の薄毛においては治療が難しく、女性専門に薄毛治療を行っている医療機関が少ないことが現状です。
しかし、TOMクリニックでは、様々な症状に悩む女性の薄毛に対しても治療を行えるように、一部の医療機関でのみしか扱っていないメソセラピーや、医療植毛ロボットARTASによる自毛植毛など、女性薄毛に有効な治療法を多数採用しております。

医療機関と育毛サロンの違い

TVCM(テレビシーエム)などで見かける育毛サロンとTOMクリニックは何が異なるのでしょう?

・根本的な違いは、医療機関であるかどうか

育毛サロンは、医療機関ではありません。民間の企業となります。それはつまり、「医学的根拠に基づいた治療」を行っているわけではないということになります。独自で発毛に「有効」だと基づけた方法で施術をおこなっているに過ぎないということが育毛サロンの特徴です。

・医療機関の強みは「発毛」が可能であること

医療機関と民間の違いがある事で、何が変わってくるのかといいますと、薄毛を解消し、新しい髪をはやすことを指す、「発毛」の効果がみとめられているのは、医療機関での治療のみです。つまり、医療機関は「発毛」をさせることができる唯一の機関であるといえます。

・選択の基準は「自毛」かどうか

医療機関と育毛サロンのどちらを選択すべきかは個人の選択次第となります。その選択を行う際に、皆様に基準にして頂きたいことは「自毛」であるかどうかということです。
医療機関は、自毛を再生させて毛髪を皆様の理想に近づけます。
一方育毛サロンは、増毛というエクステのように髪に結び付けて量を増やす手法や、ウィッグを装着して薄毛を紛らわす手法で皆様の理想に近づけます。
これらの違いをふまえた上で、選択されることを当院では推奨いたします。

薄毛治療から発毛まで

薄毛治療開始から発毛まで、どのくらいの期間がかかるのでしょうか?

・症状や個人によって異なりますが、毛周期が目安です

人の髪は放っておいても、勝手に抜け落ち、そして生えてきます。
休止期・成長期・後退期、この3つの周期を繰り返すことを「毛周期」「ヘアサイクル」といい、髪の毛のみならず「毛」にはすべて毛周期があり、箇所によってその周期は異なっています。
まつ毛の周期、ワキの毛の周期、眉毛の周期・・・そして髪の毛の周期。それぞれ異なっている中で、髪の毛の成長期が一番長く、2-6年といわれています。男女でも、毛周期は異なっており、女性の方が成長期が長くなっています。

この毛周期に合わせて髪の毛は生えてきます。
そのため、少なくとも3ヶ月、たいていの場合は半年~1年以上かけてようやく髪は生えてきます。
根気強い治療が、薄毛を解消するには必要となってくるのです。

・ヘアサイクルを正常に戻してあげることが治療において大切です

薄毛の症状が出ている方は、何らかの原因により、このヘアサイクルが乱れてしまっている事が薄毛の理由として挙げられます。
ヘアサイクルが正常の人は、成長期が2-6年あるのですが、ヘアサイクルに乱れが生じてしまっている人は成長期が数か月-1年と極端に減ります。一方で退行期の長さは変わらないので、髪の毛が十分に発育しないまま抜け毛の時期を迎えることとなります。このことにより、せっかく生えてきた毛もすぐに抜け落ちてしまうサイクルとなってしまっていることにより、薄毛は進行しているのです。
その為、ヘアサイクルを正常に戻すことが薄毛治療で重要になってくるのです。

貴女の髪のお悩み、
まずは無料カウンセリングから

お電話でのご予約・お問い合わせは

新橋院
0120-033-039

開院時間 10:00~20:00

メールでのご予約・お問い合わせは